ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2018年10月17日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • ハロウィン3【お題】
    • 倉庫

    本日竜王に出会って2回目のハロウィン。
    そして今私の目の前にあるのはの布の少ない悪魔の衣装。
    「ちょっと出してよ!こんなの着ないからね!」
    薫「出たいんだったら着なきゃダメだよー!」
    秋「観念して来た方がいいと思うぞ!」
    こうやって格闘すること約30分。
    あー、トイレ行きたくなってきた…。
    しょうがなく着ることに。
    「着たから開けて!!早く!」
    ドアが開いたのを確認してトイレに駆け込む。
    用が済んでトイレから出ると、ほかの5人も仮装してることに気がついた。
    秋良が狼男、薫がキョンシー、遼河が海賊、真琴が神父。
    みんな似合いすぎでしょ…
    そして、魁翔はヴァンパイアだった。
    カッコよすぎる…
    魁翔は私を見て固まっている。
    「そんなに似合ってない?」
    恥ずかしくて顔を隠していると。
    「に…あってる。」
    ん?
    「…すごく可愛いよ。」
    顔を赤らめながら言ったその一言にときめきを隠しきれませんでした。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 登校中
    • 壁ドン

    隣に住んでいるケイは高校生になってから一度も一緒に登校した事がなかった。
    中学の三年間、一緒に登校していてカップルに間違われたからだ。

    「ん、遅い」

    待ってくれなんて頼んでないし。
    そう思いながら内心嬉しかった。
    最近、電車に乗るのが怖いんだと相談したら一緒に登校してくれると言ってくれたからだ。

    「結構混むんだな」

    いつも時間ぎりぎりに来てるから分からないんだよ。
    憧れの先輩ならもっと優しくしてくれるんだろうなと残念に思っていると、私を挟むように両手が伸びて来る。

    「まぁ、こうしてれば手も出せないだろ」

    本当に惚れても良いの?

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室
    • 髪クシャ

    あーぁ早く学校についてしまった
    「しかし暇だな」
    誰もいないし寝とこ

    10分後ー
    ガラガラ
    ん〜って誰か来た!
    なんか起きづらい…うぐぐ…
    ?「ねぇ…起きてる?」
    おっこの声はクラスで何やら人気な俺様系神谷悟くんではないか!?
    「…」←起きてますよ

    悟「…」ガタン
    えっ?何故前に座ったの?
    悟「かわいい」
    は?
    悟「好きだ」

    えっ?えっ?

    悟「(クシャクシャ)大好きだ」
    ばっ!

    悟「!?は?」

    しまった頭くしゃくしゃされてつい起き上がってしまった…

    「~////てかさっきの本当?」

    悟「!!///…本当…つか返事…」

    ドキドキ
    うっ心臓爆発しちゃいそう…

    「ぉ…OKです////」

    悟「!!…ぷっ知ってる」

    うぅ…ずるすぎ…

    彼は私の頬を優しく包み甘いキスをした

    こんな俺様系な彼の甘いマスクは本当にやばい…/////

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

小説を探す

キーワード「絵」で検索した結果、272件がヒットしました。

1~20件を表示
1. 夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく動画あり
汐見 夏衛/著
どこにいても息苦しくて世界は暗い灰色でそんなとき、君の絵に出…
2. だから私は、明日のきみを描く
汐見 夏衛/著
その瞬間、恋に落ちた。次の瞬間、失恋した。この恋は、やめなき…
3. あたしと先生の秘め事
CoCoLo/著
あたしが好きになったのは先生……すごく格好良くて爽やかで優し…
4. 深海魚Lover
藜/著
☆○o。。。o○☆私は今、深い海の底に住む。もう彼是、七年ぐ…
5. 君の世界が色をなくしても
愛庭ゆめ/著
【一瞬】一度またたきをするほどの、きわめてわずかな時間。悲し…
6. キミニアイヲ.
葉月りゅう/著
人の愛し方も愛され方も知らずに“寂しい”という感情さえ無くし…
7. 別れ道での約束
水杜/著
高校卒業の春、お互いの夢に向かうために、私たちは別れた。「夢…
8. 死のスケッチブック
saika/著
そのスケッチブックに描かれた者は、その通りに死ぬ―というウワ…
9. 龍とわたしと裏庭で⑤【バレンタイン編】
中原 誓/著
別々のお正月を過ごした志鶴と圭吾のいとこカップル『二人の気持…
10. 嘘つきピエロは息をしていない
犬甘/著
.嘘つきピエロは誰だ.■熱血新入部員・吉川きり――あなたが欲…
11. SKETCH BOOK
✴︎蒼空✴︎/著
ねぇ、橙輝。その先にあなたは、何を見ていたの?いつだってあな…
12. 涙色の空をキミに。
莉恋*/著
君は今、どこにいますか?何をしていますか?どんな顔をしていま…
13. 《短》1歳の僕は、もう死にました。
天雪(あまゆき)/著
…どうして?僕は死んだの…?どうして?どうしてよ?もっと、生…
14. あなたの恋を描かせて
睦月 雪/著
恋愛の"好き"が分からなかったわたしだけどいつのまにかあなた…
15. 世界のまんなかで笑うキミへ
相沢ちせ/著
「天動説って知ってる?」この世界は揺るぎない大きなものを中心…
16. ずっきー先輩の中で飼われてる
KIMORI/著
作品タイトル【飛べないつばめ】壁一面に広がるキャンバス色とり…
17. 無邪気な姫と気だるげな騎士
happines/著
ここはヨーロッパあたりのどこか。そこにはひとつの宮殿がありま…
18. たとえばの明日に花束を
翠蒼/著
「…お前誰だよ。」失ってから気づいてしまった君への想い。記憶…
19. 晴だけの海
悠弐/著
ヤンキーとギャルの中ではとても浮く絵を描くことがすき瀬川海(…
20. 『ありがとう』と言われる日まで。
六月あずさ/著
彼女はいつも一人だ。ー『ありがとう』と言われる日まで。ー20…

作品を探す

▲