ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2018年08月19日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • 神田外語大学【SS】

    「レンちゃーん!構ってよー」

    レポートに追われている私の腰に、腕を回して密着してくる先輩。

    「今、忙しいんです。後にして下さい」

    「いいじゃん、俺レンちゃんがかまってくれないと死ぬ」

    子犬みたいに潤んだ目で見てくる先輩に、思わず構ってあげたくなっちゃうけど、
    我慢、我慢。


    表面上は頼り甲斐のあるしっかりした先輩なのに、私の前ではこんな甘えたになる。

    「レンちゃーん」

    「先輩、大人しくしてて」

    「無理、レンちゃんがちゅーしてくれないと俺死ぬ」

    いつになくしつこい先輩。

    「一回だけですよ」

    「やった!」

    顔を綻ばせる先輩に尻尾が見えるのは気のせいだろうか。


    触れるだけのキスを彼の口に落とすと、そのまま腕を引っ張って引き込まれる。


    「やっと、捕まえた」


    妖艶な笑みを浮かべた先輩。

    ドキッとしてしまう私。


    結局、レポートは進まなかった…。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 神田外語大学【SS】

    「陽菜?」

    「先輩?」

    目の前には、高校時代私の憧れだった先輩がいる。

    言葉が出なくて固まっていると、

    「俺がいなくてさみしかった?」

    なんて当時と変わらない屈託無い笑顔を浮かべる先輩。

    「さ、さみしくなんて」

    私は、いつも強がりばかり言ってしまう。

    「そっか、俺はさみしかった」

    さりげなく抱き寄せられて、頭を撫でられる。

    私が強がったとき、先輩はいつもこうしてくれていた。

    その優しさに、何故かあふれ出る涙。

    「そんなにさみしかったか?」

    何故か嬉しそうな先輩と、涙が止まらない私。

    私はこんなにも先輩が好きなのに、

    彼はいつも余裕で、…ずるいよ先輩。

    「陽菜、好きだよ。ずっと前から」

    「え?」

    「 陽菜は?」

    おでこにキスされて、魅力的な瞳に囚われた私。

    分かってるくせに…。

    「私も好きです」

    あなたはいつだってずるい先輩だ。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 神田外語大学【SS】

    「なぁ今更婚約破棄ってどういう事だよ」
    「元々親が決めた政略結婚でしょ」
    「最初はそうだったとしても今は俺らお互い惹かれ合ってるよね?何で?」
    「…浮気」
    「…は?俺が浮気?してるわけないだろ」
    「昔女癖悪かったことくらい知ってる」
    「それ今関係なくね?俺を信じられないわけ?こんなに想ってんの初めてなのに…」
    「信じてたわよ、でもこの写真‼友達から送られてきたの」
    「え?あー、これ姉だ」
    「いないでしょ」
    「俺もつい最近知ったんだけど親父の元愛人の娘」
    「は?」
    「だから、その写真の人と俺はただの姉弟。しかもそれ、これ買ってるときだわ、手出して」
    「こう?」
    「そうじゃなくてこう」
    「これって…」

    「婚約指輪」

    「嘘…ごめん…」
    「泣くなよ。本当は誕生日に渡す予定だったけどこんな所でごめんな」
    「ううん、ありがとう」
    「おうよ」

    彼は涙が溢れて止まらなかった私を優しく抱きしめくれた

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

小説を探す

キーワード「純愛」で検索した結果、6,325件がヒットしました。

1~20件を表示
1. 求めよ、さらば与えられん
雨宮 未亜/著
「ベアトリーチェ、お前のその力は特別なものだ」ある日父にそう…
2. てのひらを、ぎゅっと。動画あり
逢優/著
私は嘘をつきました世界で一番大好きな人に大切な人に「他に好き…
3. 無垢な花嫁に濃密な愛の手ほどきを
真蜜綺華/著
*:..。o¢o。..:・*・:..。o¢o。..:・*・:…
4. 突然来た同居人。
#ぷりん。/著
「芽依、今日から一人家族が増えるわよ。」………え?どういうこ…
5. 【完】好きになれよ、俺のこと。動画あり
SELEN/著
「俺と友達になってよ。」高校ー・イケメンの遊び人からある日お…
6. 乱華~羽をくれた君~【完】
R  i  n/著
「あたしの体、汚れてるよ‥?」「おまえは汚れてなんかいねーよ…
7. たとえば明日、きみの記憶をなくしても。
嶺央/著
「ユキちゃん。私ね、ユキちゃんと別れたいの」好きだから君を想…
8. 桜、ふわふわ ~キミからの I LOVE YOU~
桜川ハル/著
「先生…あたしのこと利用してもいいよ?」新米教師×一途女子高…
9. 冷酷な王さまは愛し方を知らない
片瀬 天音/著
若き国王孤独の王さま。冷酷な王がおさめる国イリア王国戦の絶え…
10. 性悪彼氏
★猫好き★/著
「ごめ~んやっぱ今日も遊べないわ。」そう言って私に手をあわせ…
11. 太陽が見てるから
高橋 あこ/著
このお話は、まだ、なごり雪の季節に出逢った可愛いふたりの実際…
12. どうして私を選んだの?【完】
bi‐ko☆/著
――ねぇ、遥斗(はると)くん…なんであなたはあの時、私を選ん…
13. 夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく動画あり
汐見 夏衛/著
どこにいても息苦しくて世界は暗い灰色でそんなとき、君の絵に出…
14. また、キミに逢えたなら。
miNato/著
高校生になって初めての夏休み風邪をこじらせて肺炎になった私は…
15. 学園の姫が暴走族に恋をした!?
KeN/著
暴走族の総長滝新高校2年桐生隼人(キリュウハヤト)難病持ちの…
16. 若恋【完】
りかりー/著
裏の世界に咲く花は白くて、甘い香りがする―――俺だけの花誰に…
17. 一途な彼氏は溺愛中。
夕菓/著
「なぁ…何で俺がお前にだけ優しくするか分かる?」「分かんない…
18. 俺様魔王の甘い口づけ
片瀬 天音/著
「貴様の血は俺様のものだ」冷酷非道の魔界の王さまルイ×佐倉 …
19. 16歳の天使~最後の瞬間まで、キミと~
砂倉春待/著
好きになってくれなくていい。ただ、笑い合えるだけでよかったの…
20. 【完】無愛想彼氏
YuUHi/著
*-------------------*あたしには、彼氏が…

作品を探す

▲