ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年05月20日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 先輩
    • 授業中
    • 保健室
    • 抱きしめられる

    いじめは、永遠に消えない。

    はじめから分かっていたんだ。

    ただ心から…私を分かろうとしてくれる君が
    いたから、私は最後まで幸せだったよ。

    君を忘れない。

    君は私の生きる意味でした。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 登校中
    • 独占欲【お題】

    「だっる…なんで夏休みまで学校行かなきゃいけねぇんだよ」
    「ひぃくんがテストさぼるからだよ?」
    「は、別に受けなくていいし」
    「(これだから、秀才君は・・・)」

     私とひぃくんは、幼馴染で付き合っています。ひぃくんから告白してくれたの。私はひぃくんより頭良くないし、容姿端麗じゃないけれどそんなところが好きって言ってくれた。

    「早く帰りたい。」
    「まだ、学校についてないよ・・・」

     目の前の信号が赤になったので、立ち止まる。ひぃくんは周りの目とか気にしないで私の肩に頭をのせてきた。

    「やだ、帰る。みのと一緒がいい」
    「学校に行っても、一緒にいるよ?」
    「そーじゃない」

     私の首元に顔を近づけた。一瞬だけ感じた痛み。

    「誰にもとられたくないの。二人きりがいい」

     「さぼろっか」といって、私の腕を引っ張り
     学校とは反対の方向へ走り出した。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 廊下
    • 頭ぽんぽん

    チャイムが鳴り一人で歩いて帰る。


    「美帆!待って」


    後ろから声をかけたのは私の


    彼氏の彗。


    「彗?部活は?」


    「今日は無いんだ!
    だから一緒に帰れるよ!」


    「本当!?」


    「うん」


    「ん〜…寒いね!」


    腕をさすりながら横で歩く彗に言う。


    「美帆?体調悪く無いよね?」


    「ん?ううん。もぉ〜心配しすぎ」


    「頭ポンポン))当たり前だろ。
    大切な彼女なんだから。
    心配して当たり前なの。」


    「彗〜相変わらず溺愛してるね」


    彗の友達が言う。


    「当たり前だろ。溺愛するほど可愛い
    んだから」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

小説を探す

「短編」の作品一覧・人気順
キーワード 短編
ジャンル 指定なし
詳細条件 指定なし
変更する
12,641件がヒットしました。
詳細 シンプル

タイトル・キーワードで検索

検索キーワード
完結

作品の長さ

その他の条件

作家を探す