ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年06月25日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 部活中
    • 教室
    • 頭ぽんぽん

    「じゃー、解散!」

    監督の言葉に、みんなが立ち上がる。
    みんな、思い思いの言葉を発しながら、お揃いのカバンを持って帰る準備をし始めた。

    私は、立つことが出来なかった。

    さっき発表された、今甲子園予選のチーム編成。実は、マネージャーは1人だけ、ベンチに入ることが出来ない。
    それが私だった。

    わりと頑張ってたはずなのに。毎日休まずに部活来て、プレイヤーが最大限の力を発揮できるように頑張ってたつもりだった。

    「あれ、泣いとぉ?」

    私が1人座っていると、同級生の選手、治也が目の前に座った。私の顔を見ようと目線を下げてくるのが恥ずかしくて、顔を思いっきり下に下げた。

    「祐愛、この悔しい気持ち、忘れたらアカンで。」

    「来年は、絶対甲子園行こう。」

    治也はそう言って、私の頭をぽんぽんと叩いた。
    いつも通りの治也が少しかっこよく見えた。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 花火大会
    • 屋上
    • 告白

    「はぁ、いきなりこんな所に呼び出してどうしたの?」

    私は運動部でいつも部活終わりが遅い。それを知ってるはずの幼馴染の直也に今日は屋上に呼び出された。時間を見たらもう夜の20:00を回ろうとしてた。

    「直也?」
    「綾、隣に来て」
    「えっ?」

    私は戸惑いながらも直也の隣に行って彼の顔を覗き込んだ。するとそこには今まで一度も見たことない真面目な顔をしてる直也がいた。

    「ど、どうかしたの?」
    「10、9...2、1」
    「えっ?」
    「綾、好きだ!これからもずっと一緒にいてほしい」

    直也がそういうといきなり空に綺麗な花火が打ち上げられた。

    「きゃっ!えっ?わ〜、綺麗〜」
    「返事はすぐじゃなくていいから」

    私は微笑みながら彼の顔を見て何も考えることなく頷いた。

    「ふふ、バカ、いいに決まってんじゃん!」

    私たちはそれから抱きしめ合いながら2人で屋上から見える何発もの打ち上げ花火を見てた。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • お昼休み
    • 屋上
    • 壁ドン

    今日憧れの先輩に呼び出され屋上に向かった、すると薔薇の花を持った先輩がたっていた何事かと思い
    「なんですか?」
    「今日なんの日かわかる?」
    私は少し考えたけど答えは出なかった先輩がヒントを出してきた


    「ケーキ」

    ケーキけどそれを聞いてもわからなかったので答えを教えてもらうようねだった


    急に壁に押し付けられて、

    「何自分の誕生日忘れてんだよ、お誕生日おめでとう。」


    壁ドンされた状態のままバラの花束が渡された


    「ありがとうございます。」


    「君の19の誕生日に僕からのサプライズだよ、好きだ俺と付き合ってくれ」


    正直すごく嬉しかったので



    「喜んでお付き合いさせていただきます」と答えた

    すると先輩は、無邪気な子供のように喜んでくれた

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

小説を探す

「植物状態」の作品一覧・人気順
キーワード 植物状態
ジャンル 指定なし
詳細条件 指定なし
変更する
13件がヒットしました。
詳細 シンプル

タイトル・キーワードで検索

検索キーワード
完結

作品の長さ

その他の条件

作家を探す