ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年06月26日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 憧れの先輩
    • 放課後
    • 図書室
    • 頭ぽんぽん

    「んっ…」
    「起きた?」
    「へっ…?」
    確か蒼君に勉強教えて貰っててそれで…。
    「あっ…。ごめんね、寝てしまって…」
    「うんうん。大分疲れてるみたいだったから。睡眠も大事だしね」
    優しく頭をポンポンとしてくれる蒼君。
    「起こしてくれて良かったんだよ…?」
    「那由の寝顔可愛かったから起こすの勿体なくてね」
    「なっ…!?」
    寝顔を見られたことが恥ずかしく顔が赤くなる。
    「顔真っ赤。ホント、那由はコロコロと表情が変わって面白いよね」
    「なっ…。面白くなんか…」
    「…可愛いよ」
    「っ…!?」
    耳元で甘く囁く蒼君。
    「蒼君の…意地悪」
    「…ねぇ、そんな意地悪な俺にもっと色んな表情見せてよ」
    両頬を包まれる。恥ずかしかったが静かに目を閉じた。

    開く閉じる

    • 同級生
    • 廊下
    • 告白

    「あ、瑞希おはよー」

    後ろから足音が聞こえ、声をかけられた。
    声の先を見ると、同じクラスの優也。

    「優也おはよー」

    私の隣に立ち、一緒に歩き始める優也。
    今日も綺麗な茶色っぽい髪がきちんとセットされている。

    「優也、いつも髪綺麗にセットしてるね。もしかして好きな子でもいるのかぁ〜?」

    ふざけながら、優也に言う。

    「逆にいないと思ってたの?マジかよ」

    「だ、誰!?同じクラス?」

    「瑞希」

    あまりにも自然に私の名前が出て、聞き間違いかと、口を開けたまま私は止まる。
    優也は何事もなかったかのように、歩く足を止めない。
    本当に好きな子だったらこんな簡単に言わないよね…。

    「もう、冗談やめてよー!女の子として好きな子だってば!」

    私が優也の背中に向かって言うと、優也が振り返る。

    「ばーか」

    私に向かってそう言う優也の顔は真っ赤だった。

    開く閉じる

    • 後輩
    • 下校時
    • 駅前
    • 髪クシャ

    しまった…今の現状を言葉にするならこれに尽きるだろう
    「せっ先輩!お…俺」
    「な、なに?どうした?」
    彼は、高校の後輩だが事あるごとに私について回る。最近では何かを言いたそうにするくせに言い淀んでしまうらしい。
    …こうなったら時間がかかる。
    「ん?聞いてあげるからゆっくり言いな?」
    「うん…」
    この時点で私は彼がはっきりするまで待つつもりだった。
    すると急に彼は自分の髪をクシャクシャとしだした。そしてふぅと息を吐き私に向き直った。

    「お、俺先輩が大好きなんです!」
    「ん。私も好きだよ」
    「え?えっあっ」

    私は分かって居た。彼が何度も何度も校舎裏で練習をして居た事を。分かって居たし彼のそんな所が愛しくて好きになった。
    「あぁ…嬉しいけど」
    ふふっ
    嬉しいのと彼が可愛くて私は笑った。
    そんな彼はまた自分の髪をクシャクシャとしながら両手で顔を覆いながら言った。
    「俺先っ…っ先輩ぃずるいよ!」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

小説を探す

「学園もの」の作品一覧・人気順
キーワード 学園もの
ジャンル 指定なし
詳細条件 指定なし
変更する
60件がヒットしました。
詳細 シンプル

タイトル・キーワードで検索

検索キーワード
完結

作品の長さ

その他の条件

作家を探す