ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年04月22日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 新学期SP【お題】

    久しぶりに見た気がする。


    「─澪」


    彼の制服姿を。

    「奏多、高校には通うの?」

    中学の頃も、初めは通っていたけど、後半からは通わなくなった奏多。

    成績は良かったから、無事に卒業して高校に進学できた。


    「ん、通うよ」

    「また、後から不登校になるんでしょ」


    なんで、初めは通って後から通わなくなるんだろう。


    「学校は煩いから行きたくないんだよ」

    「なら、最初から行かなかったらいいのに」


    煩いのは奏多がモテるからでしょ。


    「──分かってないね、澪は」


    近づいて、私の髪をサラリと撫でる奏多。

    いつもと違う雰囲気に、心臓が鳴った。


    「高校に行くと、澪に男が寄ってくるから。俺が牽制しなきゃいけないでしょ?」


    「え、」


    頬を撫でられて、顔が近づく。



    「…澪は誰にも渡さない──俺のだって、知ら見せなきゃね」



    そう言って、額にキスを落とした。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • お昼休み
    • 屋上
    • 告白

    「おいっ!待てよ!!」
    「やだ!着いてこないで!」

    只今、幼なじみから逃げ回ってます


    ムカつくムカつくムカつく〜〜!!
    美人な女の子にベタベタ触られて、
    嬉しそうにしちゃってさ!
    なによ、どうせ私は色気もなにもない女よ!

    なんか、自分でそう思ったら泣けてきた…


    『お前もあんな風に女っぽくなれば?』

    好きな人からそんなこと言われるの、
    結構傷つくんだよ?
    意識されてないんだ、って嫌でも分かっちゃう…



    「……っ待てって!!!!」

    一際大きい声に、思わず振り向く

    「さっきは無神経なこと言って悪かった
    あれは、その、照れ隠しというか…
    だってお前すげぇ可愛いし…
    他の男に取られるか心配だし…」

    「ん?ごめん、最後の方が全然聞こえない…」

    「つまり!!




    いい加減さ、俺の事、
    幼なじみじゃなくて、
    男として見てくんねーか?」

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 新学期SP【お題】

    私には好きな人がいる。

    2年間一緒のクラスだった彼と今年だけ別々。

    (あーあ。クラス違うと話す機会減って寂しいな…。)

    なんて考えているとその本人から一緒に帰ろうと誘われた。

    「なあ、GWさ勉強どこでやる?塾の自習室開かないし、俺家だと集中できないからいい場所ないかなーって思って。」

    「図書館とかどこかの自習室スペース探そうと思ってるよ。私も家じゃないほうがいいし。」

    「なら一緒にやらね?最近なかなか話す時間なかったし、2人の方がはかどるかもだろ?」

    そう提案してくれた彼の頬は少し赤かった。

    (これって少しは期待してもいいのかな…?)

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

小説を探す

「大学生」の作品一覧・人気順
キーワード 大学生
ジャンル 指定なし
詳細条件 指定なし
変更する
1,156件がヒットしました。
詳細 シンプル

タイトル・キーワードで検索

検索キーワード
完結

作品の長さ

その他の条件

作家を探す