ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年05月26日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 放課後
    • 屋上
    • 髪クシャ

    彼女は影で苦しみ、泣き、叫んでいた。

    『私は憧れたの…二次元だって良いじゃない…私の憧れだもん…だけど!皆…皆…友達まで…皆…私の趣味を蔑んだ!…だから…一人でも良いから…誰でも良いから…認めてほしかったの!!…だから…カッコよく成りたかった!…必死で…必死で…死に物狂いで何でもやった!…皆の仕事…リーダーになる役職…先生の雑用…時にはいじめっ子を…殴った事だって有った!…そうして生きてきた…でも…そうしたら…自分のカッコいいが…分からなくなった!…辛かった…生きるためにしていたことが正しかったのか!間違ってたのか!…それさえ…分からなくなった!…だから…せめてものお守りに…憧れたあの人の画像を…生徒手帳に挟んでちゃダメ?…』

    『俺に許可取る必要なんかねー…お前の自由だろ?…』

    彼は、彼の隣にしゃがんでいる私の風に靡く髪をぐしゃっとした

    それだけで、十分だった
    涙の止まる私は笑った

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 授業中
    • 教室
    • 目があう

    私の好きな人は、一つ年上。

    その先輩とは、1.2年生合同授業で同じ教室。

    左端列の一番後ろの私と、
    右端列の前から5列目の先輩。

    私がずっと先輩をみているから、
    先輩が後ろの友達と話すのに振り返る度にちょっと焦る。

    その度に鼓動が速くなる。

    前の授業の時のこと__

    暑そうに下敷きであおいでいた先輩。
    パタパタと浮く前髪にきゅんとする私。

    “パチッ”

    目が合ってるのに、顔が熱くなってるのも、汗がでてきてるのもわかるのに、なぜか目をそらせなかった。

    先輩はにこっと笑ってくれた。

    そこで思わずそらしたけど、あぁもうかっこよすぎ。

    授業が終わってから先輩がこっちにきて、

    さっき目あったけど俺の顔なんかついてた?

    って。

    あっ、いやっ、なんでもないですっ。すみませんでしたっ。

    って逃げちゃったんだよね。

    もっと話したかったなぁ。

    って思いながら今もみてるの。

    開く閉じる

    • 同級生

    私、清水泉来(シミズミライ)には、好きな人がいます。

    彼は茶倉湊(サクラミナト)。

    中二から二年連続で同じクラスになって、隣の席になってから、よく話すようになった。

    よく面白い話をしてくれて、素直な彼の前では嘘は付けないはずだった。

    中二の後半には、遊びに行く仲になってて、どこかに出かけるのはすごく楽しかった。

    でも、それはある日突然崩れてしまった。

    いつも通りに遊びに行って、ファーストフード店で言われた言葉を、今でもはっきり覚えてる。

    「俺、好きな人出来た」

    それから出かける度に彼女の話ばかりするようになった。

    こんなに近いはずなのに遠く感じる。もう、たえられない……!

    「最近、その話ばっかり!つまんないよ!変わっちゃった!今の湊、嫌い!」

    それが彼についた初めての嘘だった。

    私はすぐ、逃げて気づかなかった。

    彼が目を見開き、頬に流れ星を流したことを__。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

小説を探す

「ヤンキー」の作品一覧・人気順
キーワード ヤンキー
ジャンル 指定なし
詳細条件 指定なし
変更する
2,109件がヒットしました。
詳細 シンプル

タイトル・キーワードで検索

検索キーワード
完結

作品の長さ

その他の条件

作家を探す