ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年09月19日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 幼なじみ
    • 放課後
    • 廊下
    • 後ろからギュッ

    私が、軽いイジメをされて、落ち込んで歩いていたら、急に後ろからギュッ!!なんと、そこには片思い中の幼なじみがいた。

    開く閉じる

    • 憧れの先輩

    今日はなぜか憧れの楓先輩に誘われ遊園地に来ている。


    「そろそろ閉園の時間ですね」

    「じゃ、最後にあれ乗ろっか」

    先輩が指をさしたのは観覧車。

    「せ、先輩!観覧車は…緊張するので…他のにしません?」


    「そんなの知らない」

    そう言って意地悪な顔で笑って私の手を引き、観覧車に乗ってしまった。

    「先輩は、好きな人とかいますか…?」

    密室で気まづい空気をなんとかしたくてそんな事を聞いてしまった。

    「どっちだと思う?」

    「イジワル…しないでください…」

    無意識に上目遣いで先輩を見る。

    「あー…舞ちゃん、それはずるい」

    先輩は立ち上がってわたしの隣に座った。

    「せ、先輩!?」

    「舞ちゃんが煽ったんだよ?舞ちゃんが悪い」

    そう言ってチュッーと、優しくキスをした。

    「これからは俺以外の男にそうゆう顔しちゃだめだからね?」


    私が夢中なのはこれからもずっと先輩だけ。

    開く閉じる

    • 年上彼氏
    • 同居【お題】

    「今日も遅いの?」
    いつもの出勤時間になり玄関で靴を履いていた俺は、背後から聞こえた声に顔を上げた。
    微妙に不機嫌そうな顔で壁に寄りかかり、部屋着姿の少女は眠そうに欠伸をしている。
    忙しくて中々会えない時間を埋めるため始めた同居なわけだが、生活リズムがわかる分前とは違う不安を抱えることも増えてきた。大学生の彼女は一人で家にいる時間が俺より長い。最近はあまり構ってやれなかったと、今更後悔する。
    「いや、今日はすぐ帰る。仕事は昨日で大体終わった」
    「…そ」
    短く答え、彼女は嬉しそうに目を細める。ああ可愛いな。俺は少女に手を伸ばす。
    後頭部を引き寄せて、触れるだけのキスをする。ちゅ、と重なった唇は久々だった気がして、思わず表面を舐めた。
    「…っん、早く仕事行って!」
    予想外の触れ合いに顔を赤くした彼女は叫ぶように言う。そんな態度に少し笑って、俺は少女の耳に囁いた。

    「…続きは帰ってきたら、な」

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

小説を探す

「メンヘラ…」の作品一覧・人気順
キーワード メンヘラ…
ジャンル 指定なし
詳細条件 指定なし
変更する
1件がヒットしました。
詳細 シンプル

タイトル・キーワードで検索

検索キーワード
完結

作品の長さ

その他の条件

作家を探す