ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年05月27日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』

野いちご10周年記念コンピレーションアルバム
『ずっとずっと、大好きな君のそばで。』
2017.5.31 on sale

アルバムの購入はこちら

Sony Music Shop

amazon TSUTAYA

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 放課後
    • 教室
    • 告白

    「はあ、フラれたな。」
    好きだったセンパイに告白したものの撃沈。
    落ち込んでいると、
    「俺じゃダメか?」
    と、顔を近づけてきた。
    「っっ///」
    話しかけてきたのはイケメンで有名なリオ君。
    「やめて 今からかわないで。」
    うつぶせになったまま言うと、
    「俺、本気なんだけど。」
    と耳元で囁かれて・・・

    開く閉じる

    • 同級生
    • 放課後
    • 屋上
    • 髪クシャ

    彼女は影で苦しみ、泣き、叫んでいた。

    『私は憧れたの…二次元だって良いじゃない…私の憧れだもん…だけど!皆…皆…友達まで…皆…私の趣味を蔑んだ!…だから…一人でも良いから…誰でも良いから…認めてほしかったの!!…だから…カッコよく成りたかった!…必死で…必死で…死に物狂いで何でもやった!…皆の仕事…リーダーになる役職…先生の雑用…時にはいじめっ子を…殴った事だって有った!…そうして生きてきた…でも…そうしたら…自分のカッコいいが…分からなくなった!…辛かった…生きるためにしていたことが正しかったのか!間違ってたのか!…それさえ…分からなくなった!…だから…せめてものお守りに…憧れたあの人の画像を…生徒手帳に挟んでちゃダメ?…』

    『俺に許可取る必要なんかねー…お前の自由だろ?…』

    彼は、彼の隣にしゃがんでいる私の風に靡く髪をぐしゃっとした

    それだけで、十分だった
    涙の止まる私は笑った

    開く閉じる

    • 憧れの先輩
    • 授業中
    • 教室
    • 目があう

    私の好きな人は、一つ年上。

    その先輩とは、1.2年生合同授業で同じ教室。

    左端列の一番後ろの私と、
    右端列の前から5列目の先輩。

    私がずっと先輩をみているから、
    先輩が後ろの友達と話すのに振り返る度にちょっと焦る。

    その度に鼓動が速くなる。

    前の授業の時のこと__

    暑そうに下敷きであおいでいた先輩。
    パタパタと浮く前髪にきゅんとする私。

    “パチッ”

    目が合ってるのに、顔が熱くなってるのも、汗がでてきてるのもわかるのに、なぜか目をそらせなかった。

    先輩はにこっと笑ってくれた。

    そこで思わずそらしたけど、あぁもうかっこよすぎ。

    授業が終わってから先輩がこっちにきて、

    さっき目あったけど俺の顔なんかついてた?

    って。

    あっ、いやっ、なんでもないですっ。すみませんでしたっ。

    って逃げちゃったんだよね。

    もっと話したかったなぁ。

    って思いながら今もみてるの。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

小説を探す

「サッカー選手」の作品一覧・人気順
キーワード サッカー選手
ジャンル 指定なし
詳細条件 指定なし
変更する
6件がヒットしました。
詳細 シンプル

タイトル・キーワードで検索

検索キーワード
完結

作品の長さ

その他の条件

作家を探す