ケータイ小説 野いちご

ケータイ小説 野いちご

これまでのデビュー作家

野いちご学園

2019年11月21日の週間総合ランキング

ランキングをもっと見る

ボイス付きマンガ動画 YouTubeで無料配信中!

野いちご読書

アプリでもっと便利に小説が読める!
大好評の「野いちご読書」アプリなら、ページめくり不要でサクサク縦読み!全作品が無料で読み放題♪
  • App Store からダウンロード
  • Google Playで手に入れよう
法人向けお問い合わせフォーム

野いちご学園の新着投稿

    • 同級生
    • 部活中
    • 美術室

    「はぁ…今日も久世(くぜ)くんかっこいいな…」

    私のいる美術室から、久世くんのいるサッカー部の練習場所はよく見える。

    久世くんはイケメンでサッカーも上手くてクラスでの人気者。私みたいな地味子が関われるような相手じゃない。

    だからひっそりとここから彼の姿を眺めるのが私の日課。だから雨の日なんかは寂しい思いをするんだよね。


    「ねぇ、愛桜依(あおい)はなんでそんなにリュウのこと好きなの?」

    同じ美術部の親友であり、久世くんの幼なじみである なる から聞かれる。

    「それは…助けてもらったから……」

    そう。入学式の翌日、私は登校中道に迷ってしまったのだ。そんな時助けてくれたのが久世くん。身も心もイケメンな彼に一目惚れしてしまったのだ。

    「じゃあ仲良くなればいいのに…」

    「いいの。私は久世くんを見れるだけで十分なの。」

    そう。ただそれだけで…。

    開く閉じる

    • 先生
    • 放課後
    • 教室
    • 告白

    「片桐、補習のプリント全然進んでないじゃないか」
    「数学苦手なんですー」
    「苦手だから補習してるんだろう」
    「じゃあ先生、これ終わったら何かご褒美ください」
    「はぁ? なんで? ・・・・・・何が欲しいんだよ」
    「好きって言ってほしいんです! 嘘でもいいから!」
    「お前、それ本気で言ってんの?」
    「え?」
    「俺はそういうの、嘘では言わない主義なんだ。とにかく、会議があるからプリント終わらせておくんだぞ」
     そう言って先生はムスッとした顔で教室を出ていった。
                 *       *        *
    「片桐ー、プリント終わったか?」
     会議が終わって様子を見に来れば片桐は机に突っ伏していた。
     どうやらプリントを終わらせて力尽きて寝ているようだ。
     ふと、片桐の言っていたご褒美について思い出す。
     片桐の耳元で「好きとか恥ずかしくて言えるわけないだろバーカ」と俺は囁いた。

    開く閉じる

    • 幼なじみ
    • 告白

    「なぁなぁ」

    「………」

    「なぁってば!」


    ___________いきなり私の部屋に入ってきたと思ったら、ずーーっとこれ。

    幼馴染だし、今更女とか男とか、あいつは意識してないけど…。

    あいつは知らないだろうな…。
    私の気持ちも、あいつが時折呼ぶその言葉に、私の心がかき乱されているってことも______。




    「…なぁ。________すき」

    「____ッ!!
    急に何素直になってんのよ、このバカ!」

    「お前にしか素直にならんわ!

    ……俺はずっとなぁが好きやけんさ」



    _______________なっ?ななせ。


    キミが昔付けてくれた、キミだけに呼ばせているそのあだ名。


    __________私もすきだよ。バーカ



    幼馴染みの関係終わりの合図。

    開く閉じる

新着投稿をもっと見る

小説を探す

「コンビ」の作品一覧・人気順
キーワード コンビ
ジャンル 指定なし
詳細条件 指定なし
変更する
165件がヒットしました。
詳細 シンプル

タイトル・キーワードで検索

検索キーワード
完結

作品の長さ

その他の条件

作家を探す