ケータイ小説 野いちご

海へ...

カオル
嫉妬?

バイトを続けていくうちに、あたしはどんどんカオルのことが好きになっていった。

カオルは若いのに船長としても頼りになるし、知識もスゴかった。

何より、魚釣りの腕がバツグンだった。

カオルは、まさに海のモウシゴだった。


私は最初は稼いだお金を、大学生になったら東京に戻って、そこでディスコやスイーツで遊んで使うつもりだった。

でも、今はカオルのために使いたいと思っている。

新しい仕掛けだって買いたいし、違う撒き餌も試してみたい。

カオルの夢を、応援したい。


そんなことを話すと、カオルは、

「バカ。お前の稼いだカネだろ、お前の使いたいように使えよ」

って言うけど。

違うよ、カオル。あたしが、カオルのために使いたいの……。

< 11/ 59 >