ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

in the クローゼット

間章
side-三笠舞


  * * *


 うずくまって、目を閉じていた。

 愛ちゃんがの言葉が降ってくる。

 さよならと言って立ち去る気配がしたけれど、顔を上げることが出来なかった。

 愛ちゃんが、わたしのことを好きだと言う。

 友達としてじゃなく、好きなんだって、告白をされた。

 どうしたらいいのかわからなくって、怖くて、気持ち悪くて、嫌だって思った。

 だって、わたしは愛ちゃんが大好きだったから。

 親友だと思っていたのに、裏切られた気分。

 でも――――きっと、わたしと愛ちゃんは両思いになれたはずだったんだ。

< 188/ 393 >