ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

in the クローゼット

第五章「さよならの絆」
side-稲葉圭一


 俺には気がかりだった。

 篠塚の告白の翌日、三笠は学校を休んだ。

 体育の前、更衣室に誘う篠塚を断ってトイレで着替えていた。

 篠塚と二人っきりになるのを避けていようにも見える。

 香坂たちと篠塚が一緒になって餞別をあげていたが、お礼を言う三笠は篠塚の方を見ていなかった。

 篠塚は引っ越しで忙しいせいだと思っているみたいだったが、メールや電話もそっけなくてすぐに切られてしまうらしい。

< 156/ 393 >