ケータイ小説 野いちご

長編小説番外編集

威鶴の瞳
見守る



ついこの前、男の子を拾ってしまった。


女の子のような顔立ち、声も中性的。

でも、ちゃんと男の子の目をしている。


BOMBの勧誘として外に出ていた私は、公園で飲み物でも買って、休憩しようとしていたわ。

でも、そうする前に、公園でその男の子を見付けてしまった。


その時私は、その男の子の儚げな表情に……胸を打たれてしまった。


可愛い顔、そして未来に希望も夢もないような、いっそ屍のような儚い瞳。

あぁ……他の人間とは何か違うものを感じてしまったの。


「オニーサン」


気付けば思わず声をかけていたわ。


「オニ一サンて、何か特技とかあったりしない?」


そう言って笑えば、不審者を見るような目で見られてしまった。


「誰だ?」

「私はレイン。本名じゃないけど。今はあなたを勧誘中」

「……」

「訂正、抜け殻みたいになってるあなたに、裏の遊びを教えてあげようと思ってね」

< 125/ 131 >