ケータイ小説 野いちご

赤い狼 ♂男バナシ♂ 壱





隼「…何が、ぃぃもん!だ。キャラ違うくねぇーか?


…いや、稚春が居ない時はいつもこんなんか…。最近、稚春ずっと居るもんなぁ~。」



銀「…あなた、稚春稚春って煩いわよ!私をほったらかしといて!」



隼「…。(マジでウザイ。)…お前、何かする事あるから俺を呼んだんじゃねぇのか。」



銀「あ、そうだった。ごめんごめん。また忘れてた。(ニカッ)」



隼「(笑ってごまかしてんじゃねぇよ。)


「忘れてた。」


じゃねぇだろ。つぅーか


「また」


って…お前、棗の前でも忘れてたんだな。」



銀「えっ!何で分かる?」



隼「お前の性格知ってたら分かる。」



銀「そっか、そっかぁー!俺を愛してくれてんだねぇ!」



隼「…(怒)」






< 14/ 29 >