ケータイ小説 野いちご

涙を星屑にかえて ~守ってやりたい~




俺がバイトをしてることは、お前に言ってない。




バイトの間、兄貴とは上手くやってるみたいだけど 俺としては複雑だった。






疲れて帰ると、お前が居るだけで安らぐ日々。



お前が眠っていよーが、寝顔を見るだけでいい。


ましてや、起きていた時なんか 疲れていたのが嘘みたいに吹っ飛んだ。








< 42/ 100 >