ケータイ小説 野いちご

涙を星屑にかえて ~守ってやりたい~




金曜日、お前の学校が終わる頃 迎えに行くのはミツグだった。





溜まり場で話しをして、お前を怒らせてしまった。





「サリーさぁ、男と付き合ったりしないわけ?」


「はぁ~!?」


「そうだ! 学校でさがせば!?」



「……」



「俺、女でも作るかなぁ…」



「勝手にすればっ!」





お前は、冷めた瞳を俺から離し ミツグの方へ行ってしまった。






こんな事言う筈じゃなかったのに…








< 18/ 100 >