ケータイ小説 野いちご

「ゴメン!!!!」



急いで私から離れたお兄ちゃん。



服の袖で自分の唇を隠してた。



拭いていたのかな?





「もう、…お兄ちゃんなんて大嫌い!!」



「は?!」



ほんと、何言ってんだろ…


「あっち行って!もうヤダ!!!!」




何が気に入らないの?



自分がわからない



どうしてこんな事を言ってるの?



「ちょっ!止めろよ!」




クッションを大好きなはずのお兄ちゃんに叩きつける。




何かに取り付かれたかのように、頭が痛い。



頭がおかしい。




「柚奈!落ち着けって!!どうしたんだよ?!いきなり」



「知らない!」




分からないんだよ。私も…




ただ、お兄ちゃんの一番が、私じゃないのが嫌だった。



哀しかった。




「落ち着けよ!」




低い声で言ったお兄ちゃんは若干、怒っているかのようだった。




「どうしたの?…言って?」



お兄ちゃんなら、分かってるでしょ?



お兄ちゃんは私のことなら何でも、解ってくれていたでしょ?




だからあえて言わなかった。





こんな私をお兄ちゃんは




嫌った?

< 54/ 141 >