ケータイ小説 野いちご

君色グラウンド




季節は春と夏の境目。








高校生活もだいぶ慣れてきた私達は、毎日たわいもない話をしては、毎日を楽しんでいた。







特に私の場合、あんまり明るいキャラクターじゃないから、普通に話せる友達も少なかった。







「千胡はさー、可愛いんだからっ!もうちょい明るく話せるようになろーよ!」








「…う。だって…こんなだもん私(泣)。」











私の隣にいるのは、唯一、普通に話せる中学からの親友、桃瀬綾(モモセ アヤ)。







私は、いつも綾にくっついてばかりです。




< 3/ 5 >