ケータイ小説 野いちご

放課後図書室


あのまま目を閉じていたら……。


いやいや、冗談だったんだって、多分。


でも、あのムードは……。


違う。


そんな。


有り得ないし。


頭の中で私Aと私Bが討論している。


はたから見たら、さぞおかしな百面相だろう。


考えれば考えるほど早足になる。


それと同時に、鼓動も早くなる。





多分、今日も、……眠れない。


そして、明日一日、また私だけが気まずい。


そうに決まっている。


私はもう分かっているんだ。


分かっているのに、抗えないんだ。






今日は家に帰りつくのがいつもより15分程早かった。



 
 
 

< 115/ 247 >