ケータイ小説 野いちご

罪血


幸いにして、斉藤孝之のいる部屋以外、灯りは付いておらず、二人は寝室の前で別れた。

瑞希は、情報収集・証拠隠滅へ。
灑梛は、暗殺へ。


< 13/ 84 >