ケータイ小説 野いちご

罪血


扉を開ければ軋むことから、古い物であることがわかる。

その部屋の主は、逆光でわからない。

『…何か用か』

言葉を発したのは、
靈羅灑梛。
若くして暗殺部隊に所属し、いままで数々の手柄を立ててきた、16歳の少女である。

「あぁ、灑梛ちゃん。
いらっしゃい」

今のは灑梛の父であり、総領でもある、靈羅高麗。

『――用件は、何だ』
「せっかちだねぇ。わかってるんだろ?任務だよ。」
『それは知っている。私が訊いているのは、内容だ。』

灑梛は、恐ろしい程の無表情で、淡々と言葉を発する。

「はは。知ってるよ。口で言うより、資料の方が速いって思ってね…」
そこで言葉を切り、机の引き出しから茶封筒を取り出し、パタパタと振って見せる。
灑梛はその茶封筒を奪い取った。

『資料?そんなにややこしい奴なのか?』
「いーや。簡単だよ、何せ下っ端だからね。
まぁ、部屋でじっくり見てごらん」
『――心得た。』

そうして総領室を出ようとした灑梛を、高麗が呼び止める。

「待って、灑梛ちゃん」
『…なんだ、まだなにかあるのか?』
「最後は…分かってるね?」

ふぅと息をつき、目を伏せる灑梛。
そして静かに目を開き、透き通った紅い瞳でしっかりと父を捉えた。

『――――案ずるな。


〝せめて最期は美しく〟


だろ?言われなくても分かってる。』

そうして灑梛は今度こそ、総領室を出た。



< 7/ 84 >