ケータイ小説 野いちご

黒猫 - 迷子の不良黒猫ちゃん - 【完】





「Mじゃないでー!」


「ドMだろ?」


「えー。」

「むー。」


「………え、む。」




みんなはギャーギャーと暁人を弄ってる。


暁人に馬乗りしたり、殴ったり蹴ったり殴ったり……。





『ねぇ。画鋲とか入れてくるなら、朝早くに下足箱のところで待ち伏せしてたら良いんじゃない?』


ピタッと、みんなが動きを止めた。




そして私をジーッとガン見。





なんか悪いこと言ったかな、私。



とか、思ってたら



「使えるんちゃう?そのアイデア。」


『え?』




賛成らしい。







< 137/ 212 >