ケータイ小説 野いちご

姫とギター〜麗しき美男子の城〜






「リョウ、そんなこと言わないでください。今日から一緒に暮らすんですから。」





メシに夢中な新入りのフードに、香住は手をかけた。



そして、それをゆっくりと剥ぎ取る。












瞬間、その顔を見て、俺は固まった。








ボサボサの金色の髪、

綺麗な顔立ち。










「――今日から僕らと一緒に生活する、花本千早くんです。」





スペアリブを野性的に噛みちぎる姿は、獰猛な肉食獣のようだ。



指先の油を舐めとる赤い舌、
真っすぐな瞳が俺を見据える。




「桜子サマ好みの、美少年でしょう?」


香住の言葉が、遠くなってしまった気がした。

















美少年じゃねぇよ、美少女だ――。



俺は軽い眩暈を感じている――………。























< 29/ 280 >