ケータイ小説 野いちご

ある日ある場所での出来事

 『1年D組』これが僕の所属クラスである。この学校は1つの学年で12のクラスがあり、寮も設備されていて部活動も盛んだ。だがそれと比べても凄いのが図書館である。大きさも尋常ではなく、本の量も「市民図書館より多いんじゃねーの?」と生徒間で言われている程である。
 この理由としてこの学校の校長は代々、本好きで、初代校長が「生徒により多くの本を読んでもらい、教養を深めてもらいましょう!」という発言が原因で、その方針が今でも続いていてる。…ちなみにまだ本は増えているらしい 。

< 2/ 5 >