ケータイ小説 野いちご

黒猫 - 迷子の不良黒猫ちゃん - 【完】




なんてコトを思っていると背後から声をかけられた。


「よお。逃げずにきたのか、九条。」


ゾロゾロと、まあアリのように(←!?)カラフルな頭の人がたくさん来た。


『こんにちは。猫好きの不良さん。』

「な、なぜ俺が猫好きってこと………!!」


いや
分かるからね?分かるからね?

ってか分かんない人いるの?

下駄箱にマタタビを入れられ
机に猫じゃらしを詰められ
呼び出しの手紙には肉球のスタンプ。


今現在周りにある猫グッズ。


どう考えても、愛猫家じゃんか。


ま、いいや。


『で?何の用件ですか?』


私がかったるそうに聞くと


「〈狼-ロウ-〉の皆さんに近づくな。」


ものすごい睨み付けられながら言われた。

あ、やっぱり?


『俺カラ近ヅイテル覚エガ毛頭ナインデスケド。』


いや、本当に。


「なんでカタコトなんだよ……。とにかく!
俺はお前みたいな奴が〈狼-ロウ-〉の皆様の近くにいることが許せないんだ!」


あぁ。うん。

私みたいな地味な奴が…

「お前なんて、全く猫みたいじゃないのに!」

『ですよねー。………うん?』


ちょっと待て。





< 67/ 212 >