ケータイ小説 野いちご

はつこい

とは言ったものの…

なにを話せばいいの!?

えーっと…

ご飯おいしかった?とか…

おかしいよね…

どうしよう…


「なぁ」

氷河くんから話しかけてきてくれた

「今日びっくりしただろ?」

なにがだろう?

あっ!一緒にお昼食べることになったことかな?

「うん、ちょっとね」

「いきなりごめんな」

「ううん、私は氷河くんとお昼、一緒に食べれてうれしかったよ」

私は精一杯の笑顔で言った

氷河くんは

「そっか」

と言って微笑んだ

ドキッ

胸がドキドキする…

笑顔は反則だよ…

思わず顔が熱くなる

そういえば、氷河くんは好きな人いるのかな?

いたらどうしよう…

聞いてみるしかないよね

「ねぇ、氷河くんは好きな人とかいるの?」





< 53/ 61 >