ケータイ小説 野いちご

保健室につくとベットに行かされ熱を計った

体温は38.6度…

朝よりも随分高くなっていた…

凪桜がすごく心配そうにしている

俺は大丈夫と言った

本当はあまり大丈夫じゃなかったけど、少しでも凪桜を安心させたかった



いつの間にか眠っていたみたいで、凪桜はもういなかった

時計を見ると、もう3時間目の途中だった


凪桜は4時間目が終わったらくる予定だ

それまでもう少し眠ろう…


…ガラッ

ドアの開く音で目が覚めた

「失礼します」

凪桜の声だ


凪桜が俺に近づいてきて
大丈夫?と聞いてきた

大丈夫と言う

凪桜の友達の池上もきてたみたいで体温計を持ってきてくれた

熱を計ると、38.0度

さっきよりは下がったが、まだ高い…


昼休みが終わり、凪桜たちは教室に戻って行った




< 35/ 61 >