ケータイ小説 野いちご

あまい檻−キミ、飼育中。−








「おはよ。ツバサちゃん!」



ジンはそう言って微笑むと、ものすごく自然に私を引き寄せて抱きしめようとした。






このエロペット!!





私は、それを思いきり払いのけて、ジンを蹴り飛ばした。



そのまま床へと転げ落ちるジン。



「いってぇーー!!」


「何で私のベッドにいるの!?」


「何でって……飼い主と一緒に寝る犬だっているだろ?」




不服と言わんばかりの表情で私を見つめるジン。






「犬と一緒に寝るなんて、お断り!!」


「ヒド〜イ!!」








私は頭を抱えたい気分だ。




……昨夜は、やっぱりどうかしてたのかも。



……この大型犬(?)、どうしようか…………。










< 28/ 235 >