ケータイ小説 野いちご

あまい檻−キミ、飼育中。−







自慢じゃないけど、私はかなり寝起きが悪い。


ちょっとやそっとの物音じゃ起きないし、一度眠ってしまうとなかなか起きられない。



朝は大の苦手なのだ。






しかし、その朝はとても心地よい目覚めを迎えていた。








何ていうか…温かくて。




小さい頃、ママに抱きしめられて眠った時と似ていたのだ。


だから、私は心底安心してしまっていた。





温もり、吐息、鼓動……あぁ、人肌ってこんなに心地いいんだっけ…………ん?人肌??







微睡みの中にいた私は目を開けた。





「ギャーーーー!!!!」







同じベッドの中で私を抱きしめるようにして眠る男………一ノ瀬 仁。



なんで同じベッドにいんだよ!!?






「ん〜……。」




男……ジンは瞳を擦りながら、ゆっくりと起き上がった。



カーテンを通して寝室に溢れる朝の光が、ジンの横顔を照らす。






< 27/ 235 >