ケータイ小説 野いちご

silly talk

『暑っ・・・、さすが沖縄だな』
馴染みのドアを出て表通りに出ると、太陽の洗礼を受けた堅は太陽を睨みながら呟いた。




太陽が真上に来る前に一度帰りたかった堅は車の往来の激しい国道を避けるように、また裏の道へ戻った。

< 2/ 95 >