ケータイ小説 野いちご

月と太陽の事件簿14/隙間女の視線

間がもたなくなったあたしは、意味もなく部屋のあちこちを見回した。

当然のことながら、最初の印象とまったく変わりはない。

若干物が多い、1DKアパートの一室だ。

「ああ、やっぱりわかりますか」

範子が不意に、口を開いた。

「わかりますかって、なにが?」

あたしの返事は当たり前のものだったと思う。

「なにがって…刑事さんも感じてるんでしょう?」

範子はほほ笑んだ。

ほほ笑む理由なんかないのに。

「あたしもね、ずっと感じてたんですよ」

感じてたって、なにを?

「ついさっき、ようやく見つけました」

見つけた…?

「聞かせてあげましょうか、刑事さん?」

あたしの返事も待たずに、範子は語りはじめた。


< 10/ 37 >