ケータイ小説 野いちご

夏の微熱

‥‥瞬間、目を疑った。

新学期早々の席替え。
くじ引きして‥‥


書かれてた番号は、"7"
何となく、いい予感は
してたんだけど。


奇跡だよ‥‥


神さま?
どうしちゃったの?

何の気まぐれ?

急にいい事ばかり起こりすぎて、何だか恐い位だよ?


窓際の後ろから
2番目の席に座って‥‥

頬杖ついて、外を眺めてる。


咳払いして‥‥
喉の調子を整えると。


彼の隣の席に、そっと座った。


「よ‥よろしくね///」


私の声に、振り向いて。
視線がぶつかる。

間近で見たことない、
彼の真っ正面の顔に。

‥‥心臓が飛び跳ねた。


「あ?ああ…よろしく…」


素っ気ない言い方。
だけど、初めて交わした言葉。


じんわり、胸が熱くなった。








授業中も、教科書を見てるフリをして‥‥視線をずらすと。


遠藤くんの横顔。

男の子にキレイだなんて
オカシイかな?

でもね?
本当にキレイなの。


色白な肌は透明感があって‥‥
サラサラの黒い髪は、
陽にあたると、少し茶色に映る。



< 3/ 19 >