ケータイ小説 野いちご

社長のご指名 *番外編Ⅰ*

「あーっもう、すっごく楽しみ!」

「興奮しすぎー。」


「だってあのコレクション見に行けるなんてさ、行きたいとは思ってたけどチケット取れないと思ってたし。誘ってくれてありがとう。」


「いいよ、いいよ。2枚貰ったし、1人で行っても寂しいだけだしね。」





電車に乗り、3つ目の駅で降りて歩いて数十分先にあるアリーナに向かう。





今日は、juliet&Roseのサマーコレクションがある。





11時から会場入りで今は9時を回ったところ。





私、鳴海雪菜(ナルミ ユキナ)と友達の篠田真依(シノダ マイ)は今日を楽しみにしていた。





アリーナに着いて、裏口に回りバックから携帯を出してある人に電話をかける。





暫く待っていると、忙しなくスタッフが行き交う中を颯爽とこちら現れた人。





< 2/ 31 >