ケータイ小説 野いちご

いちごの恋~恋した相手は先生~



私は教室を見回す。


みんなみんな笑っていても心の中ではいろんな悩みを抱えてるんだ。


実際、あんなに幸せそうに見えていた菜美だって、今日まですごく辛かったはず。



好きになれたことが本当に嬉しいんだと、菜美の顔を見れば伝わってくる。


でも、菜美の中の「新垣先生」は一生消えることはないだろう。


涼介とこれからずっと付き合っていても、結婚しても、

高校時代を思い出すと、そこには絶対先生の面影が蘇るんだよね。



私も、いつか

そんな風に思い出したい。



素敵な思い出として…

新垣先生を一生心の中に置いておきたい。



だからこそ、

自分に嘘はつかない。



絶対にこれからの人生、同じ失敗はしない。


大事な人を裏切ること、

自分自身を裏切ること…



この経験を忘れずに、

あの胸の痛みを一生持ち続けて、

素敵な女性になれるといいな。





< 79/ 93 >