ケータイ小説 野いちご

crystal love

 

待つって、誰を?


「待ちくたびれた。
俺、人は待たせても、
待たない主義だから、
堪えたな。」

・・・このオトコ
相変わらずだな・・・


「何か用だった?
そんなに待ったの?」

呆れを飲み込み問えば
一瞬、開きかけた唇を閉じた。

「用事……ね。

待つのは、二時間かな。」

「急ぎ?」

「まあ、タイミングは
大事だよな。」

彼は、クスクス笑う。


・・・コイツ


絶対、用事なんて

ないな・・・



「急ぎじゃないなら、
明日にして。」

ピクピクしそうなコメカミを押さえ、撤収を促せばーーーー


「そう?せっかく来たのにな。」

なんて、うそぶく。


楽しげに、口元に笑みを浮かべた彼は、私の頬に細く長い指をそえ、目線を私と同じ高さに合わせる。




「じゃあ、『用件』な。

今日は、アリガトね。
ディオナ先生。」






初めて彼から言われた
感謝の言葉に





気をとられてしまって




唇が、あたたかい柔らかさに
ふさがれていると気づくのに
10秒ほどかかってしまった。





 






< 60/ 170 >