ケータイ小説 野いちご

霊感少女




「えっ!俺ですか?
俺は中地まつです」


「中地、中地。
あっ!!君かぁ~
四人村事件の殺されかけた」



「あっ、ハイ一応」


「お~!霊から聞いてるよ!
警官さん、彼を入れてあげて」


「了解しました」



「入って、中に皆いるから」


そうゆうと、彼は厳重にされている部屋に連れて行った


「ここさ」


『相性番号を記入して下さい』


「4242っと
覚えておいて」


『指紋を確認します』

「ハイハイ」



< 2/ 24 >