ケータイ小説 野いちご

私の兄は、アイドルです。

 




「………そ。じゃあな」



素っ気なく答えた声と、

パタンという扉の音が
やけに大きく感じた。







「はぁ……」



……やばい、自分。

顔が熱い。





お兄ちゃんが玄関のドアを閉める音を確認して

のそのそと起き上がり、
学校に行く支度をする。



正直足はフラつくし、
頭はボーっとする。



何とか制服を着終わった私は、全身鏡で身だしなみをチェックして、自分の顔を見つめる。




顔、赤……

両手で両頬を触ってみる。


あっつー…
熱のせいかな……





……ううん、違う。




…………どうしてこんな風になっちゃったんだろ……




……さっき、お兄ちゃんがおでこを触ろうとした瞬間……




……ありえないくらい、

熱が上がった。





――もう私は、



『普通』の妹じゃない。

『普通』の妹の反応じゃない。



『普通』の気持ちじゃない。


……『普通』のお兄ちゃんへの気持ちじゃない……





そう思うと……


……地獄に叩き落とされた気がした。




 

< 129/ 297 >