ケータイ小説 野いちご

私の兄は、アイドルです。

 



そう言って部屋から出て行こうとするお兄ちゃんの声を聞いて




「学校……行かなきゃ……」



私は、少しふらつきながらも立ち上がろうとした。


今日の学校は……絶対行かなきゃ……!


けれど……




「ちょっ、ほんまもんのバカかお前!
んな熱あんのに行けるわけねぇだろうが!」



完全に立ち上がる直前、
少し慌てて戻ってきたお兄ちゃんに
ベッドに押し戻された。




ドキン



お兄ちゃんに触れられた場所が、何故か熱い。




ドキン





「ほら、横になれよ……」



そう言って、

優しくおでこに触れようとするから。





「……やっ」




ぱしんっ




――私は、お兄ちゃんの手を……――



――振り払った。





ドキン





「……音遠……?」




お兄ちゃんの少し驚いたような瞳には、

動揺してる自分が写る。




「……っ、分かったから……
…早く仕事行ってね!
私は大丈夫だから」




だから早く、ココから出てって?




無理矢理な笑顔を作ってまでそう言う私の願いが届いたのか、

お兄ちゃんは立ち上がりドアまで歩いていった。



 

< 128/ 297 >