ケータイ小説 野いちご





「私はけいちゃんみたいな旦那さんが良いなぁ~」




「バァカ」




「本気だよ~!」





けいちゃんは照れて本当のこと言わないけど、よっぽど嬉しかったんだと思う




「他には良いか、腕もやってやるよ」って妙に優しかった





「気が利く旦那さん~」




て腕と腰と足までやってもらっちゃった





私は、けいちゃんの体温と優しい声で気持ち良くなって、いつの間にか眠ってた









最後に



「あんま隙見せんなよ」



て声とほっぺにけいちゃんの温もりを感じた















< 68/ 72 >