ケータイ小説 野いちご

あたしは彼女×あたしは総長


「お前は産みたいのか?」

「わかんない…。」



実際今のあたしを考えても、どうにも出来ない。



家出状態だし、何しろあたしだよ?



あたしが母親なんて無理だよ…。



「わかった。また来る。」




そう言って部屋を出て行った凌。



「ゔ……。」

「雫大丈夫かよ。」

「大丈夫…な訳ねぇ…。」



具合わりぃ~…。



「悪阻だな。何か食べれるか?」

「食ったら吐く…。」



マジヤバい…。



「寝る…。」

「あぁ…。」



あたしは悪阻と戦う日々が続く事になった。




< 43/ 57 >