ケータイ小説 野いちご

あたしは彼女×あたしは総長


「秋チャンいる?」

「お、雫か。」

「眠いから早退していい?」

「眠いからって早退は駄目だろ。…ってかお前顔色悪いぞ。」



そう…なのか?



「おっ、と。」



バランスを崩したあたし。



「お前帰るまでが危ないんじゃね?」

「ん…。」

「車で送ってやるからここで寝てろ。」

「あぁ。」



お言葉に甘えて寝かせてもらった。



秋チャン優しかったな…。



見返り来るのかな…。



「…………」



秋チャンの事だからありそう。



しかし今日は恐怖よりも眠気が勝っていた。




< 32/ 57 >