ケータイ小説 野いちご

あたしは彼女×あたしは総長


「何で服着ねぇの?」

「風呂上がりは熱いんだって。」



だからってその格好は有り得ねぇだろ。



雫が身体に身に着けているのはバスタオルのみ。



ヤッた後なのに…。



それにも構わず、課題を見つめる雫。



「よくこんなの解けるな…。」

「お前も一時期銀河に着ただろ…。」

「授業全く聞いてなかったし、テストも洋太が解いた。大体留年決定のあたしがわかる訳ねぇ。」



留年?



コイツそんなに馬鹿なのか?



梢ちゃんは頭いいのに…。



本当に双子なのかよ…。



でもそんなの女が俺の彼女だ。






< 15/ 57 >