ケータイ小説 野いちご

【完】気になるあの子は最強娘。

「……佐々木君ってさ」

安藤が口を開いた。




「ん?」


「その黒髪、似合うね」



安藤はそう言うと、フワリと笑った。




「えっ、そ、そうか?」

「うん。カッコいいよ」



安藤はそう言うと、俺の髪の毛に触れた。




ドキッ!!


また、胸がドキッと高鳴った。

< 115/ 258 >