ケータイ小説 野いちご

ある寒い冬のこと。

もう一度、あなたに会いたい。




そして、その手で抱かれたい。




僕は決めた。




もう一度あなたに会うと。






場所なんて分からない。






でも、やらなきゃ。

< 3/ 7 >