ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

男子校は危機百発ッ!☆→イケメン男子と恋しよう←☆




いやいやいや。
あなたも離してちょうだい……。


「はぁー?俺〜?そーじゃねーだろ〜!唯杜が離せよ〜」

や、靖杜っ……。


「てか両方とも「おいっ!!」

……!?


またあたしの話を……。



「うわっ」

靖杜の声とともに急に背後が軽くなった。


「…あ」

「お前もだぞ!」

今度は前も軽くなった。


抱き着いてた唯抖と靖杜は、あいつの手によってあたしから離れた。



「宇津井…」

−−そう。
宇津井でした。



「ヒロヤキモチ妬いてる〜」

唯抖はニヤニヤ笑いながら宇津井を見てる。


え?
ヤキモチ?


その瞬間、宇津井の顔は真っ赤になった。


「や、妬いてねぇーよ!」

宇津井はそう言って、ドスドスと食堂の方へ歩いて行った。



……妬く?
ヤキモチ?


……まっさか〜!
宇津井に限ってそんなこと、
……ないから…。



あたしと唯抖と靖杜は一緒に食堂へと向かった。




< 48/ 440 >