ケータイ小説 野いちご

秘密の★オトナのお勉強①




…この男、やっぱり性格悪い。




「貞永こそ理解してるんなら、とっととあたしから退いてよ!」



「嫌だね」




まるであたしで遊んでいるかのような態度に、腹が立ってしょうがない。




「だって、俺にはあゆに教えないとイケナイ事があるし」



「なっ…何をよ!」




次の瞬間、貞永はあたしの首筋に舌を這わせて…

あたしを魅了するかのような声で囁いてきた。




「…オトナのお勉強ってヤツ?」






なんであたしがこんな状況に巻き込まれてるのかって?


それはちょうど、数週間前に遡る―――




.

< 4/ 416 >