ケータイ小説 野いちご

波乱LOVE■番外編■~俺様悪魔の命令に背いた場合~





私はあほや。




どうやら、それは『城之崎大雅ファンクラブ』の入会特典のステッカーらしい。





「ってことは、何人も持ってるん?」



「50人くらい貼ってんちゃう?お前あほやな。俺のクラスであれ貼ってるのは、1番タチ悪い女やからな。そんな嫌がらせもするやろな」





がーーーーん。




でも、結果オーライかな。


こうして、大雅と向き合えたから。





「でも、さっき保健室で……」



「あーーーーー!あれは、ちょっと杏奈に嫉妬させてみようかなって思っただけで。別にあんな先生のこと好きちゃうし」




大雅は、珍しく照れた表情になった。



私の手をガシって掴んで、走り出した。






あの場所へ。





< 35/ 44 >