ケータイ小説 野いちご

うしろの正面だーあれ




入学当日に気付いたこと。



それは、このクラスには番長が居ること。



偶然なのか必然なのか、あの事件に関わった全ての人間が同じ高校を受験し、合格した。



そしてまた、有り得ない確率で全員同じクラスになった。



もちろん小学生の頃に番を張っていた杏奈と早織も。



しかし、このクラスにおけるリーダー格は、彼女達ではない。



鶴見 憂【ツルミ ユウ】♂



亀地 沙良【カメチ サラ】♀



2人は明るく優しい人気者だった。



いつもクラスの中心に居る、なくてはならない存在だった。



だから、番長と呼ぶには あまりふさわしくないと思う。



はっきりと言えることは、彼らは 杏奈達のような独裁者では一切 無かったということ。



そして、それをまた、杏奈が快く思っていないということだった。




< 365/ 675 >