ケータイ小説 野いちご

女王様の華麗なる恋【平凡彼女はシンデレラⅡ番外編】


「じゃ×××や×××もしてくれんの?」

「…………」

「しかも愛想振りまいて、接待出来んのかよ。」



言い返せねぇじゃん。



「ついでに一生俺に尻敷かれてもいいんだな?」

「…………」

「君俺様をなめてんのか?」



言ってやった。



これで諦めてくれるだろ。



「……クスッ。」

「あ゙ぁ?」

「それくらい簡単。何なら××××や××××もしてやりましょうか?愛想振りまくのとか簡単よ。」

「言ってくれんじゃん。」

「あたしを誰だと思ってんの?」

「知らねぇ。」

「……はぁぁぁあ!?」



知らねぇもんは知らねぇ。




< 9/ 22 >